Home > 交流無停電電源装置 > BiDSTAR-P

BiDSTAR
交流電源装置アイコン
特長

■高効率と高信頼性を両立したパラレルプロセッシング方式を採用

常時商用給電方式の高効率性と、常時インバータ給電方式の高信頼性をあわせ持つ、パラレルプロセッシング方式を新たに採用しました。

■高効率が生み出すECONOMY & ECOLOGY

高効率運転の実現により、高い経済性と環境負荷の低減を実現しました。

■電気料金の削減

運転効率の向上により、電気料金をはじめとするランニングコストの低減が図れます。

■CO2削減

電気使用量の削減により、CO2排出量も大幅に削減。 50kVAタイプを定格運転した場合、年間約21.6tのCO2削減が可能です。
算出条件:0.000525(t-CO2/kWh)※東京電力の場合

■発生熱量の削減

従来の常時インバータ給電方式と比べて、UPS本体からの発生熱量も従来比約60%削減。(50kVA時)
空調設備の容量や、電気料金の低減に効果を発揮します。

■UPSの運転方式


ページのトップへ戻る

© 2015 GS Yuasa International Ltd. All Rights Reserved.