Home > 産業用アルカリ蓄電池 > 触媒栓

触媒栓
アルカリ蓄電池アイコン
特長

■補水間隔を長くできます

充電中に発生するガスを水に戻すため、ベント形に比べて補水作業の間隔は長くできます。

■アルカリ霧がほとんど出ません

触媒栓式はアルカリ霧の放出がほとんどありません。

■安全性に優れています

外部からの引火、爆発が起こらないような設計にしております。

■取扱いは容易で、取替えも簡単です

触媒栓の計測などの管理は不要です。また、取替えも簡単です。

触媒栓 図

触媒栓の型式と適用範囲

蓄電池型式 ポケット式 焼結式
AM-PE(QKC-EA) /
AMH-PE(QSC-EA)
AH-SE(QFD-EA) /
AHH-SE (QFG-EA,QFG-SEA)
蓄電池容量(Ah) AM-P
(QKC)
30〜80 100〜500 600〜1000 20〜120 150〜500 600〜1200
AMH-P
(QSC)
20〜60 80〜450 500〜1000
触媒栓 適用形式 共通 R2A M30-E3E R2A M30-E3E
使用個数 1 1 2 1 1 2
最大許容電流(A)
(均等充電・回復充電時)
12 120 240 12 120 240

ページのトップへ戻る

© 2015 GS Yuasa International Ltd. All Rights Reserved.