Home > E3ソリューションシステム > 導入にあたって

導入にあたって

お客様のご希望をお伺いします。
「地下区間、橋梁上、高架上などで停止した車両を最寄駅まで非常走行させたい」、「閑散時の回生失効を防止したい」、 「ラッシュ時の電圧を底上げしたい」、「変電所の消費電力量を減らしたい」など

目的にもとづいて、現状の把握と設置後の効果を予測するためにシミュレーションを実施します。
以下のデータをご提供いただいた後、シミュレーション結果にもとづいた最適なシステムをご提案いたします。

  • 駅、変電所、上下タイのキロ呈
  • 車両の力行、回生性能(速度 - き電電流特性)
  • ダイヤ
  • 合成き電抵抗値
  • 電力日報データ
  • 運転曲線(勾配データ含む)
  • き電整流器容量、無負荷電圧、運転スケジュール
  • 車両補機容量(SIV 容量)
  • 車両諸元データ

シミュレーションで検証可能な内容

  • 導入前の
    き電状況
  • 最適な
    システム容量
  • 最適な
    システム設置箇所
  • 導入後の
    き電状況予測

ページのトップへ戻る

© 2015 GS Yuasa International Ltd. All Rights Reserved.