Home > 電気車用鉛蓄電池・充電器 > 小形電動車用制御弁式鉛蓄電池 > バッテリーの交換について

バッテリーの交換について(V形シリーズ・GCシリーズ)

蓄電池交換のお願い

危険

蓄電池は充放電サイクルを繰り返すことによって徐々に劣化し、定格容量の80%以下になったところを寿命としています。それ以降は内部構成部品(極板、ストラップ、接続部)の劣化が促進し、そのまま使用していると急激な容量低下だけではなく内部の劣化部品から火花が発生し、水素ガスへの引火爆発や焼損を起こす恐れがあります。ご使用機器の使用条件に合わせて定期的な取替えをお願い致します。

■以下の使用方法による取替え時期の目安は、定期的な保守管理を行っていた場合の目安を示すものです。

お取替時期の目安(夜間充電方式)

一日1サイクルの充放電を繰り返す場合、その放電深さにより寿命を推定することが出来ます。一般的なご使用量(75%放電)の場合、約4年を目安に取替えてください。

お取替時期の目安(間欠充電方式)

AGVなどで間欠充電にてご使用の場合、寿命期に到達しても1サイクルの放電量が浅く稼動に影響が出にくいため、取替え時期が遅れる場合があります。こまめな点検チェックによりお早めに取り替えてください。 

お取替時期の目安(予備電池交換方式)

取替えの目安は、夜間充電方式と同様ですが、寿命期に到達した蓄電池は速やかに廃棄し、予備電池としての保管は避けてください。


注意

寿命期には、蓄電池が異臭を発する、電解液温度が高い、液べりが激しいなどの症状がみられる場合があります。このような症状があるときは、蓄電池の取替え時期の目安に関係なく、速やかに蓄電池の使用を中止し、取替えをお願いします。


ページのトップへ戻る

© 2015 GS Yuasa International Ltd. All Rights Reserved.